読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやざき、旅にでたってよ

みかけたら乗せてください

僕と松山千春とSL

こんばんはみやざき(@tkd_kg2)です

 

 

 

みなさんライダーハウスってご存知でしたか?

僕は正直知らなかったです

 

 

表示する

 

 

 

 ライダーハウスとは・・・

ライダーハウスとは、オートバイや自転車などでの旅行者を主な対象にする比較的簡易な宿泊施設全般を指し、運営形態などに明確な定義はない。

 

 

ライダーハウスは『ライダー』限定の宿泊施設かと思いきや、案外僕みたいなヒッチハイカーも場所によっては宿泊してもいいということがわかり悪天候が続くときなんかは連泊させてもらってます

 

 

 

そして今回はそんなライダーハウスの魅力を自分なりに紹介していこうかなと思います

 

まず僕がお世話になったライダーハウス稚内にある『みどり湯』さんとサロマ湖のほとりにある『計路地交通公園』です

 

 

みどり湯

 

稚内にあるライダーハウスで銭湯が隣接されており、寒波で冷えた身体を暖めるのにすごく助かりました。結局天候が優れなかったので僕は二泊しましたが、それでも一泊1,000円という破格の安さ。

今まで悪天候はネカフェでしのいできた僕からしてみれば革命です!

 

魅力その1  安い!!

 

 

そしてここ『みどり湯』ではその日の宿泊者が5名以上になると・・・

 

 

f:id:zak1m1ya:20160609194832j:plain

 

突如電気が消えミラーボールが回りだし、そしてひとりずつマイクを持って自己紹介。

7、8月のライダーハウスのピーク時には最後の人まで終わるのに1時間近くかかったりするほど多くのライダーが集まるとか・・・

この日は僕含めてちょうど5人だったので一瞬で終了。笑

 

 

だが、まだ終わらない

 

 

宿のお母さんはおもむろに僕らを部屋の端へと追いやりそれぞれ肩を組むように促す

 

 

f:id:zak1m1ya:20160609200058j:plain

 

 

まさか・・・

 

 

f:id:zak1m1ya:20160609200337j:plain

 

 

この流れは・・・

 

 

f:id:zak1m1ya:20160609200411j:plain

 

 

 

あ、松山千春の『大空と大地の中で』だ!!

 

 

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう

歩き出そう 明日の日に
振り返るには まだ若い
ふきすさぶ 北風に
とばされぬよう とばぬよう

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

 

 

北海道の広大な大地を目の当たりにしたからこそ見えてくる情景、感じられる趣がありなんていい歌なんだと・・・

 

 

魅力その2 松山千春!!

 

 

そしてただ泊まっておわり。ではなくその日限りの出会った人らが早く打ち解けれるようにパリピよろしくミラーボールやカラオケなどの工夫をこらすおかあさんを含めライダーハウス『みどり湯』は居心地がよく、ここに泊まるためにわざわざ稚内に来る人もいたりとリピーターが多い理由もわかる気がします

しかもなかにはここでの出会いがきっかけで結婚したカップルがいるほど・・・

 

そんなステキな空間もこの人が居てこそ!

 

魅力その3  『みどり湯』のおかあさん

 

 

ライダー。 松山千春好き。おかあさんに会いたい!

そんな人達はぜひ『みどり湯』へ

 

僕も稚内にまた来る機会があればぜひ『みどり湯』に遊びにいこうと思います!

 

 

稚内のライダーハウスみどり湯へようこそ!

 

 

計路地交通公園

 

そして僕が現在連泊しているライダーハウスがこちら

 

f:id:zak1m1ya:20160609203415j:plain

 

 

『SL』に宿泊できるライダーハウスと話には聞いてましたが、これもまたおもしろいですね。

なかなかないでしょSLに宿泊するとか。笑

 

さらにくわしく言うと計路地公園内に展示されてあるSL「C58」に連結した客車(300/泊)と元保線区詰所であった「駅長の家」(500/泊)に宿泊することができます

 

僕が宿泊した客車はこんな感じ

 

f:id:zak1m1ya:20160609204858j:plain

 

 

衝撃が走りました。たたみしかないとはいえ、前日道の駅で民衆の目に晒され寒いのを我慢しながらも寝ていた僕にとっては超快適空間。これで300円とか

 

 

魅力その1  激安!!

 

 

いくら快適とはいえ明け方が少し寒かったので、そのことを管理人さんに話したときには寝袋を(無料で)貸し出してくれたため、うっすい僕の寝袋in寝袋で冷える明け方も快適に過ごせてます。

 

そして洗濯機は管理人さんがいる時間帯の16時~19時までの間だったら使用可能でなんと無料

コインシャワーも100円で5分間使えるとのこと。ただこのシャワー節水のためか勢いが弱く。僕もはじめて使ったとき「え、なにこれ故障してんの?」と思ったほど。

でもまあお湯が使えるだけありがたいです!

 

 

魅力その2 ありがたいオプション

 

 

そして、ここ数日ノドの調子が優れず咳が止まらなかったため、これは北海道の空気が美味しすぎてむせてるだけなのかもしれない。と最初のほうこそ思っていましたがそれにしてはむせすぎてる。おかしい。

危機感を感じてからはカイロを首に当てたり、これは万病に効く薬だと自分に言い聞かせながら飴を食べたりしてましたが効果はなく、やがて声が出なくなりました(たぶんのどが腫れてるせい)

今にも死にそうな弱々しい声でも管理人さんと話さなければいけないときには「ほんとの僕の声はもっと低音イケボだから」と心の中で管理人さんにうったえかけつつもなんとか会話してました。

最終的に僕の体調を心配してくださった管理人さんはおもむろに救急箱をとりだしパブロンを僕にくれました。

 

 

魅力その3 管理人さん!!最高だよ!!

 

 

けっきょく休養と雨のため3日ほど連泊することになりましたが、ライダーハウスはそれぞれ違う魅力があっておもしろいです。北海道にはライダーハウスがたくさんあるのでこれから旅をするライダー、チャリダーのみなさんはただ泊まるだけではなくそれぞれの魅力や差異を楽しんでみてもいいかもしれませんね。

 

www.town.yubetsu.lg.jp

 

 

それではまた。

広告を非表示にする