みやざき、旅にでたってよ

みかけたら乗せてください

BTP (仮)  はじめます!

こんばんは、出発前日となりますが肝心のスケッチブックを購入していないことに気づいたみやざき(@tkd_kg2)です

 

 

 

どういう旅になるかはまったく予想できませんが、おそらく1年間も放浪するのなら悪天候とかで先に進めず、ゆっくりとした時間もあるだろうと思い、旅をしている最中でもできるだけ空いた時間は本を読もうかなと考えています。

 

 

 

だからはじめます!

BTP (仮)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BTP (仮) とは?

勘のいい人なら多分 BTP(仮) と聞いて、すぐにピンとくるんじゃないでしょうか

 

 

 

 

 

Book Trade Project  

 

 

 

 

 

……。

 

 

 

 

 

 

……………。

 

 

 

 

 

 

そうです。本を交換する計画 です。

 

 

自分がそのとき所持している本を見て、もし旅先で出会う人が興味を持てば、その人の持っている本と交換するわけです。

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160331214931j:plain

 

 

そして記念すべき1冊目は伊坂幸太郎さんの『チルドレン』です。

中学生のときに1度読み、主人公のひとつひとつの言動にわくわくして、自分もこういう気持ちのいい生き方をしたいとピュアな心で強く思ったのを覚えています。

去年、ふとそのときの気持ちを思いだし、久しぶりに読み返したくなって購入しました。

 

 

交換する本のジャンルは問いません。

小説でも漫画でも、それこそ絵本でも『本』であればなんでもオッケーです。

 

 

あなたの持っている本と僕が持っている本を交換して、僕にあなたのオススメの本を読ませてください

もちろん交換する際に、この本とのエピソードや感想、僕の次に読む人に伝えたいことがあれば聞かせてください。

そっくりそのまま次の人にお届けします。

 

次渡る人に向けて自分の想いをまとめた手紙を添えてみてもおもしろいかもしれません

もちろんそれもしっかりと責任を持って届けさせてもらいます。

 

 

 

自分が好きなオススメの本って誰かに知ってもらいたいけど、他の人に本をただ薦めただけだと、薦められた方からみてもあまりインパクトがなく、ついつい後回しになって、あげくの果てに結局忘れて読みませんよね?

 

 

でも『想い』が伝わってくる自分の知らない人のオススメの本は流石に気になって、読みたくなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

ということで、やってみます!!

 

 

 

 

交換した本を読み終えたら随時このブログで紹介していくので、もし前から読みたかった本や気になる本があがったら、僕がふらふらっと家の前を通り過ぎるようにお祈りしておくといいかもしれません。

 

※あくまで直接出会った人優先にしたいので、事前の予約などはあらかじめご了承ください

 

 

 

 それではまた。

 

 

チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)

 

 

 

 

広告を非表示にする