みやざき、旅にでたってよ

みかけたら乗せてください

海賊王に俺はなる 【R18】

こんばんは、みやざき(@tkd_kg2)です

 

 

 

熱海といえば温泉ですよね

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426204023j:plain

 

 

 

露天風呂からは海を見渡せる。こんな最高のロケーションを

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426204226j:plain

 

 

他の日帰り温泉の不定休が重なったおかげで独り占めできる!!

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426204359j:plain

 

最高じゃないですかっ!!!

 

 

 

そう、あとは僕の視力が良ければすべて完璧だった・・・

 

視力0.01未満の世界ってモザイクですからね

僕の目にかかっているモザイク越しに世界見ているようなもんですから

 

 

まぁ普通に気持ちよかったですけどね!

 

 

冒険のはじまり

 

ロビーでお茶をいただきくつろいでいると、あるものを見つけました

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426205608j:plain

 

 

 

よく見てほしい

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426205845j:plain

 

 

熱海秘宝館

 

 

 

熱い…海の秘宝がある館…?

 

 

 

海の秘宝がある…館?

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・あっ!!

 

 

その瞬間僕の脳内では爆竹並みに凄まじいセレンディピティが起きては弾け、弾けては起きての繰り返し、まさに脳内お盆の状態だった

※長崎ではお盆に爆竹を鳴らす風習があります。僕はしたことないです。

 

 

 

これは 〇NEPIECE の在り処を示す宝の地図だ、旅がはじまってから毎週欠かさずジャンプを読んでいたからこそ、気づくことができたのだろう

 

 

多くの海賊たちを海に駆り立て、後に大海賊時代を築くきっかけとなった海賊王ゴールド・〇ジャーの死に際に放った言葉

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426215443p:plain

「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる・・・探せ!この世のすべてをそこに置いてきた!」

 

 

 

まさか〇ジャーの言う ‘‘ そこ ’’ がここ熱海だったとは・・・

 

 

 

 

念のため近くにいた受付の人にさりげなく探りをいれてみると

 

 

f:id:zak1m1ya:20160330000338j:plain

「ここって(ワクワクするような冒険が待っていて)楽しいですかね?」

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426213053p:plain

「えぇ、年配の方とかは楽しめると思うけど・・・」

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160330000338j:plain

「……。」

 

 

 

この反応を見て確信しました

やはり熱海に 〇NEPIECE が存在すると

 

 

宝の存在に気づかれまいと受付の人、もとい宝の番人は僕を遠ざけようとする発言をしたようですが、これに騙される僕ではないです

だてに何週間も生き抜いてきたわけではありません

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426214502j:plain

 

 

 

まんなかに小さく秘宝館が映っていますが、こうして山の頂上に館をつくることで人目につくのを避けていたようですが、それにしては看板が大きく、目立ちますね。

 

急にこれは罠なんじゃないかと心配になってきました

 

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426214832j:plain

 

 

 

しかもご丁寧にロープウェイまで張ってくれているとは

 

あれ?もしかしてやっぱり罠なんじゃないでしょうか

ゴンドラ内に海賊を集めといて、まとめて一掃とかありえますね、気をつけないと

 

 

ゴンドラの中には老若男女、数々の試練をくぐり抜けてきた海賊の猛者たちがごろごろいて、隙を見せまいと殺気立たせていました。

 

 

 

秘宝館到着

 

受付には宝の番人Bが

 

 

f:id:zak1m1ya:20160426220446p:plain

「ラッシャイ」

 

番人Bがひとこと発しただけで、僕の体はどんどん番人Bの元へと引き寄せられていきます

 

 

f:id:zak1m1ya:20160330000338j:plain

(悪魔の実の能力か!?)

 

 

このままではやられるっ!と思った瞬間

番人Bは僕が右手に持っていたチケットを確認すると、急に興味が無くなったような声で「イイヨー」と言い、その瞬間僕の体は自由に動かすことができるようになったためその場を離れ逃げるように秘宝館へと進んでいった。

 

 

 

秘宝館

 

秘宝館には大きな亀や男女がプロレスをしている浮世絵

たくさんのチョメチョメが×××に〇△#&$%#%%〇・・・

浦島太郎に関しては、ほぼ

 

-----自主規制-------

 

 

そのほかにも行く手を阻むさまざまなトラップがあったということだけはここに記しとこう

 

 

 

はっきり言って危険だ。

 

 

どうしてもひとりで行く勇気がないようなら同じ志の仲間を集め、秘宝館を目指すといいだろう

 

 

 

〇NEPIECEとは

 

 

結論から述べると〇NEPIECEは無かった

 

しかし、〇NEPIECEとは、きっと目に見える形としてあるのではなく目には見えないものなのかもしれない

下手をすれば出血多量で死ぬかもしれない危険な場所にひとりで行って帰ってくる

その『勇気』は僕にとって、たったひとつの〇NEPIECEなのだ

 

 

 

・・

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

ここ、普通におもしろかった

 

エッチな集合体にはユーモアが付加価値としてついてくるのか、と感心してしまった

 

 

日本中どこを探しても『秘宝館』は熱海にしかなく、最強のB級スポットだと思う

熱海を訪れた際には、ぜひ訪れてみてほしい。

 

 

 

それではまた。

 

広告を非表示にする