読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやざき、旅にでたってよ

みかけたら乗せてください

はじまりました。

 

こんばんは、みやざき(@tkd_kg2)です

 

 

ついにはじまりましたよ、旅が。

 

 

今日中には西宮に着きたかったのですが、途中姫路城に寄ったのと明石から三宮に行くまでがなかなか捕まらず、結果1時間ぐらい待ったので予定通りいくことができませんでしたが、天候にも恵まれ淡いピンクの桜と白い姫路城の見事なコラボをみることができたので立ち寄ってよかったと思いました。

 

 

f:id:zak1m1ya:20160407134307j:plain

 

 

肝心の姫路城には観光客が多いため、入場規制がかかり1時間ほど待たなければいけなかったので入っていませんが、外から見るだけでも十分楽しめました。

 

 

ツアーに参加している外国人の観光客。

広場で和気藹々と花見をしている家族。

顔が真っ赤になるほど呑み、何かを熱弁しているおじいちゃん。(なんて言っているのかわからなかった)

ギターを持ってええ声で熱唱しているおじいちゃん。(なんて言っているのかわからなかった)

 

それぞれの輪郭がうっすらボケているような風景が春を彷彿とさせ、僕は真顔でその場を後にした。

 

 

 

 

結局、初日はヒッチハイク合計5台、鳥取から兵庫県の三宮までの移動となりました。

 

 

 

 

初日を終えて気づいたこと、思ったこと

 

 

 

お金がすごいかかると予想される

 

乗せてくれた人から飲み物をいただいたとはいえ、夜ご飯は810円(なんとかフィッシュバーガーのセットとちまき)かかった。

朝ごはんは食べないとしても昼と夜ご飯をこの値段として考えた場合、1年間で591,300円となるので、まず食費を節約するかお金を稼ぐかなんとかしないといけません。

 

 

 

 

身体的な疲労がすごいかかる

 

以前記事にした持ち物+必要なものを詰め込んだ結果、僕のバックパックは10kgほどまでに膨れ上がったのと、一眼レフカメラ本体とふたつのレンズの合計1.1kgほどとなるカメラバックの重さに早く慣れないといけません。

 

 

 

 

精神的な疲労もすごいかかる

 

食費や宿代をかけないために寝床を毎晩探し野宿が当たり前になるのと極力食費を削ったあげく、他の人に食べ物をねだる乞食と化し、地に這いつくばって生きている僕が、僕の脳内で生成されたので、それに耐えうるメンタルをつくらないといけません。

 

 

 

まとめ

本も読みたいし

ネットサーフィンも情報収集のためにしたいし

次の目的地をざっくりだけど調べたいし

ブログを研究する時間も欲しいし

当然毎日手を抜かず記事も書きたい

 

 

拠点を1週間ほど持つ。移動は2、3日で終わらせる。また拠点を1週間ほど持つ。

の繰り返しがいいのかなと思ってみたりする

 

 

自分が生きやすい環境づくりを意識します。

 

 

それではまた。

 

広告を非表示にする